追蹤
【絆】大島優子
關於部落格
みんなの涙、笑顔、悔しい顔が 絆を表してた!! 絆ょ、永遠に
Twitter 整理帖請前往日常區
  • 472206

    累積人氣

  • 13

    今日人氣

    2

    追蹤人氣

増田有華ブログ<期待してはいけない人間。だけど。>(20160518)

 
 
 
 
優子にとって初めての2人芝居。
 
なんだか普通に観に行く舞台とは違うドキドキ感。
 
はじめてピアノの発表会に参加する娘を観に行く親の気分(なったことないけど)
 
 
なんせ優子は、ステージ上で照明を浴びてる瞬間が1番綺麗。
綺麗…んー妖艶?や、なんかちがうな、可愛い…チャーミング?
 
ころころ変わる表情に当てはまる言葉がなかなか見つからないけど、とにかく、
 
ステージの神様に愛されてる人。
 
 
 
クリッとした可愛い目に映る情景がめまぐるしく変わっていき、こちらも凄いスピードでのめり込んでいきました。
 
私はもともと、人の憎しみ、絶望、その中でうごめく歪な愛。人間のドロドロとした部分がすきで。
世界観がドストライクでした。
 
優子演ずる美幸ちゃん。
大変な女の子。本当は、普通の女の子。
 
人が変わってしまうのは環境だ。とかいうけど、うん、それもあるけど、でも
どう足掻いても変われないものがあって、
どうしても逃げられない現実があって。
劇中の〝あのキッカケ〟が無くても、美幸の人生はどこか悲しい結末を迎えていた気がした。
そういう宿命なんだ。
人間はバランスだから。
 
 
最後に美幸が言う、
『人間には2パターンの《種類》があって、期待していい人間と、期待しちゃいけない人間がいる。』
と。
 
期待するから疲れちゃうって。
期待をしてしまってごめんなさいって。
 
そう言いながら
もう自分自身すら見失ってしまった美幸は
自分に謝るでもなく、人に謝るでもなく。
ただただごめんなさいと。
 
それでも彼女はまだ何かを求めてしまっているようにも見えて。
 
矛盾と欲望と絶望の渦の中で完全に崩壊しきった美幸の姿が、最後は
骨にみえるほど。
人間として普通に生きられない哀しさ。
身も心もどこかに忘れてきたような。
その全ては、もとはと言えば純粋な【愛】からうまれてるんだけど。。。腐敗した愛情が異臭を放って美幸を取り巻いていました。
 
 
人や未来や物事に日々瞬間瞬間期待をして、希望を持つから、毎日のごはんがおいしく感じられて、深く息をすることができるのに。
希望を持つことをやめた人間は、それはもう生きてる意味すら求めなくなって。
だけど心臓は生きることをやめないし息を吸う力も緩めない
 
美幸のすがりようのない姿からこぼれるように出てくるその言葉たちは
大きくかすれた独り言のようで
孤独で、本当に切なかった。
 
それでも人間は誰かのために、自分のために、【顔晴(がんばる)】と
また必死に生きようとするんだから馬鹿で愛おしい生き物です。
 
 
たくさんの綺麗な言葉や心につかえる文字が並べられた舞台だったけど
見終わった後に心に残った言葉は
 
美幸と同じく【感謝】でした。
 
 
 
カーテンコールで出てきた優子をみて、またまた号泣。
哀しいのか苦しいのか嬉しいのかなんだか分からなくなりながら鼻水垂らして泣いてました笑
 
泣きすぎてもう目が半分くらい小さくなってたんだけど、
楽屋に行って優子とハグしたらまた涙が…
そして2人して楽屋で泣くっていう笑
おかげで2人とも涙袋がぱんぱん
 
楽屋に行ってまで涙が堪えられなかったのはじめてだー
 
出し切った優子をみて、わたしまでなんだか脱力感。笑
 
あれを1日2回やるのはちょっと足が震えるくらい凄いな…って思うけど。
きっと貪欲な優子は回を増すごとにそれはもう素敵になっていくんでしょう。
 
 
とても刺激をもらった時間でした。
本当素晴らしかったよ、優子。
 
同期にこんな震える思いをさせられるのは悔しいけど、本当に嬉しい。
わたしも負けてらんねぇ!!!
 
 
大島優子サイコーーーーおねがいビックリマークビックリマークビックリマークビックリマークビックリマーク
 
 
素敵な時間をありがとう。感謝。
 
 
 
にゃもし(*´ω`*)  
 
 
 
゜+。Chiro。+゜  

不能期待的人。雖說如此。

大家好。

前幾天、為了看優子的英勇姿態、去下北沢本多劇場看【美幸-アンコンディショナルラブ-】了。
 
完全不覺被海報上所散發的危險氣氛所欺騙、總之是、遠遠超乎預料、非常震驚的一段時間。

暫時處於脫力狀態。

對優子來說這是第一次的2人劇。
總覺得有不同於平常去看舞台劇時的緊張感。
就像去看女兒第一次參加鋼琴發表會的父母的心情(雖然這不是現實)

為什麼優子、在舞台上被燈光照射的瞬間會是最漂亮的。
漂亮…恩ー妖豔?不對、總覺得不到位、可愛…魅力?

雖然找不到能貼切形容她那明顯變化的表情、總之、

是被舞台之神眷顧的人。

她那水汪汪可愛的大眼映照著瞬息萬變的場景、而我也以驚人的速度進入劇情。

人在憎恨、絕望當中糾結而出的扭曲的愛。我原本就喜歡人類這糾結的部分。
這世界觀超喜歡的。

優子飾演的美幸ちゃん。
是個不得了的女孩子。可其實是普通的女孩子。

環境迫使人改變了。雖然有人這麼說、恩、或許也有這個可能、但是
有無論怎樣都不會變的東西、
有無法逃避的現實。
我覺得劇中即便沒有〝那個契機〟、美幸的人生也會在某點迎接悲傷的結局。
這是種宿命。
因為人會自我取得平衡。


最後美幸說了、
『人有2種《種類》、能期待的人、跟不能期待的人。』

因為期待而疲憊。
對你有所期待 對不起。

在說著這話的同時
早已迷失了自己的美幸
並不是在對自己道歉、也不是在對別人道歉。
只是單純地說出對不起而已。

即便如此還是看得出她依舊在尋求著某種東西。

在矛盾、慾望、絕望的漩渦中完全崩壞的美幸的姿態、
在最後甚至幾乎露骨可見
身為人卻不能平凡活著的悲哀。
像是將身心都遺忘在某處。
總歸來講這全都來自純粹的【愛】。。。但腐敗的愛情所散發出的異臭將美幸拉入其中。

每天都期待著人、未來、事物的每個瞬間、因為抱持著希望、才能感受到每天米飯的香味、才能做出深呼吸。
但放棄抱持希望的人、早已不再追求生存的意義。
但心臟卻無法停止也不能停止呼吸

因為美幸不依靠他人才大聲地嘶啞地獨自
將那壓抑不住的詞語說出口

孤獨、真的很令人難受。

即便如此人只要為了某人、為了自己、【綻放笑容(努力)】後
又能拼命去活著是個笨拙又可愛的生物。

雖然這是充滿很多美麗語詞跟緊抓人心的文字的舞台劇
但看完後殘留在心中的話
就跟美幸同樣是【感謝】。

看到優子出來謝幕、都還在大哭的我。
都分不清是哀傷還是痛苦又或是開心哭到流鼻水了 笑

哭過頭眼睛整個小了半號、
但去到休息室跟優子擁抱後淚水又…
然後2人就在休息室一起哭 笑
因此2人的涙袋都腫腫的
 

都到休息室了淚水還停不下來這還是第一次ー

看到傾盡全力的優子、就連我都有種脱力感。笑

這表演一天要演兩場有點讓人腳軟的厲害啊…雖然這麼想。
但有野心的優子一定會是隨著場次增加而變得更厲害的吧。

得到非常多刺激的時間。
真的非常棒喔、優子。

讓同期帶給我這麼震撼的回憶雖然很不甘心、但真的很開心。
我也不能輸呢!!!

大島優子超棒ーーーーおねがいビックリマークビックリマークビックリマークビックリマークビックリマーク


感謝讓我度過這麼棒的時間。感謝。



にゃもし(*´ω`*)  



゜+。Chiro。+゜  


相簿設定
標籤設定
相簿狀態